脳神経外科に勤めることで得られるもの

脳神経外科に勤める看護師は、他の科に勤める看護師と業務内容は大きくは変わりません。脳神経外科の場合は、バイタルサインのチェックや医師の診療補助・点滴や採血など様々な仕事があります。
看護師は、モニターをしっかりと管理して観察することが必要になります。脳神経外科の場合は状態が急変する患者が多いということがあるのです。そのため、神経を使う診療科とも言えるでしょう。
神経を使いすぎて疲れてしまうということもあるかもしれませんが、その分やりがいを感じるということもあるようです。実際に看護師が行う仕事としては、患者の家族に対しての気持ちを落ち着かせてあげるというものがあります。
脳に疾患があると分かった時点で、本人を含め患者の家族もとても不安になるからです。そのため、そういった不安を少しでも軽減させてあげることが、看護師としての仕事になってくるのです。
脳神経外科の場合は、患者が発病した後に手術をしてリハビリをしていくということが多いです。そのため、様々な状態の患者がいることになります。その患者に合った看護の仕方をしていくことが必要なのです。
重症度なども人によって違いますので、看護師としては柔軟性が必要になってきます。自分だけの考えでこの患者はこういう状態だから…というように判断するのではなくて、客観的に見るような心の余裕も看護師にとって必要なものだと言えるでしょう。
それをやりがいだと感じる看護師も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です