やりがいとは充実感のこと

私は看護助手として働いています。少なくとも、今までやって来た仕事よりも病院で働いている今の方がやりがいがある様に感じます。病人が身近にいる生活を送るようになって、少しですがだが人生観が変わって行く様に思えます。看護師ではありませんが、看護師と同じ目線で患者と接する事になるので、これからはもっとたくさんの事を学んで行くのではないかと期待しています。
やりがいのない仕事をしている時程、苦痛な事はありません。モチベーションの問題です。新しい仕事を始めたは良いとして、ある日ぽろっと自分からモチベーションが落ちた時のあの感覚。あの時の空虚感と言ったらありません。それからその仕事は数ヶ月で閉鎖となり、その後半年は抜け殻のような毎日を過ごして来ました。
今の仕事から、モチベーションが落ちてしまったらどうしようかと言う不安はあります。今はまだ覚える事がたくさんあるので、手探りで必死になってしがみついていますが、やりがいを感じられなくなってしまったら苦痛に変わってしまうのでしょうか。今はそれだけが怖いです。介護職へ就くと言う目標がある限り、ちょっとの事では動じないと信じたいのですが。
看護師にぼんやりとする余裕はないので、毎日やりがいのある日々を送っているに違いありません。逆に、忙し過ぎて自分を見失ってしまう時もあるかもしれませんが、自分を見つめ過ぎて社会に出られず殻に閉じこもっているよりはずっと有意義です。やりがいのあると思える仕事は、その人にとって天職でありとても幸福な事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です